totakke website

profile

竹内 俊貴 / Takeuchi, Toshiki

株式会社テンクー (Xcoo, Inc.) Creative Researcher

2016.07 – 株式会社テンクー 入社
2016.06 – 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 博士課程 修了 / 博士(学際情報学)
2012.04 – 日本学術振興会 特別研究員 DC1 (- 2015.03)
2012.04 – 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 博士課程 進学
2012.03 – 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 修士課程 修了 / 修士(学際情報学)
2010.04 – 東京大学大学院 学際情報学府 学際情報学専攻 修士課程 入学
2010.03 – 東京大学 工学部 卒業 / 学士(工学)
2008.04 – 東京大学 工学部 機械情報工学科 進学
2006.04 – 東京大学 教養学部 理科一類 入学
2006.03 – 愛知県立時習館高等学校 卒業
1987.09 – 愛知県豊橋市生まれ

works

  • mirai project

    mirai projectでは、日々の生活の記録「ライフログ」から未来のあなたを予測する試みを行っています。これまでの研究成果を基に、スマートフォンアプリケーションを開発・公開しています。

  • PRIMA

    PRIMA (Parallel Reality-based Interactive Motion Area) は、過去あるいは未来の人と時間を超えてインタラクションを行うという、新たな概念を提案します。

  • vitalatlas

    Twitterには、RetweetやReplyといった他の人とのつながりがあります。そういったつながりを可視化しました。

  • VTM Noto

    2010年3月、急行能登号が最終運行となりました。VTM Notoはイベントに関する記録を、動画・音声・関連ツイートなど、多角的に記録し可視化したものです。

  • レシートログと消費予報

    個人の生活をデジタルデータとして記録したライフログを用いれば、その人の未来を予測することができるかもしれません。

achievements

論文誌 / Journal Papers

  • Toshiki Takeuchi, Atsuo Yamada, Takashi Aoki, and Kunihiro Nishimura: “cljam: a library for handling DNA sequence alignment/map (SAM) with parallel processing,” Source Code for Biology and Medicine, Vol. 11, No. 1, pp. 1-4, 2016. [link]
  • 竹内 俊貴,藤井 達也,小川 恭平,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“他者評価を利用した食生活改善ソーシャルメディア”,人工知能学会論文誌,Vol. 30, No. 6, pp. 820-828, 2015. [link]
  • 竹内 俊貴,田村 洋人,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“ライフログとスケジュールに基づいた未来予測提示によるタスク管理手法”,情報処理学会論文誌,Vol. 55, No. 11, pp. 2441-2450, 2014. [link]
  • 竹内 俊貴,中島 統太郎,西村 邦裕,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“展示空間の3次元記録を用いた博物館展示の時間軸拡張”,日本バーチャルリアリティ学会論文誌,Vol. 18, No. 3, pp. 237-246, 2013. [cinii]

国際会議 (口頭) / International Conference (Oral)

  • Toshiki Takeuchi, Tatsuya Fujii, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Considering Individual Taste in Social Feedback to Improve Eating Habits,” 2015 IEEE International Conference on Multimedia Expo Workshops (ICMEW), 7th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA’15), pp. 1-6, Turin, Italy, Jul. 2015. [doi]
  • Toshiki Takeuchi, Tatsuya Fujii, Kyohei Ogawa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose: “Using Social Media to Change Eating Habits without Conscious Effort,” 6th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA’14), pp. 527-535, Seattle, USA, Sep. 2014. [doi]
  • Totaro Nakashima, Toshiki Takeuchi, Kunihiro Nishimura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Recording and Superimposing Visitors in a Museum for Sharing Exhibition Experiences,” 18th International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM 2012), Milan, Italy, Sep. 2012. [doi]
  • Kyohei Ogawa, Toshiki Takeuchi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose: “Utterance rate feedback for enhancing mealtime communication”, 3rd Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA’11), USA, Dec. 2011. [doi]
  • Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Receiptlog Applied to Forecast of Personal Consumption,” 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM 2010), pp.79-83, Oct. 2010. [doi]
  • Toshiki Takeuchi, Masayuki Ono, Yusuke Onojima, Shigeo Yoshida, Kentaro Kimura, Sho Sakurai, Oribe Hayashi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Visualization of Simultaneous Experiences by Multi Sided Recording of an Event,” 16th International Conference on Virtual Systems and Multimedia (VSMM 2010) , pp.281-284, Oct. 2010. [doi]

国際会議 (ポスター) / International Conference (Poster)

  • Masato Nomiyama, Toshiki Takeuchi, Hiroyuki Onimaru, Tomohiro Tanikawa, Takuji Narumi, and Michitaka Hirose, “Travel Planning System Considering Experience Flows Based on Driving Histories,” The 2016 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2016), Heidelberg, Germany, Sep. 2016. [doi]
  • Naoya Okada, Naoto Nakazato, Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Interactive Interface for Expressway Travel Planning with Traffic Predictions,” Proceedings of the 2015 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct Publication, Osaka, Japan, Sep. 2015. [poster]
  • Naoto Nakazato, Toshiki Takeuchi, Kyohei Suwa, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Influencing Driver Behavior through Future Expressway Traffic Predictions,” Proceedings of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing: Adjunct Publication, pp. 127-130, Seattle, USA, Sep. 2014. [doi] [poster]
  • Toshiki Takeuchi, Kyohei Suwa, Hiroto Tamura, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “A Task-Management System Using Future Prediction Based on Personal Lifelogs and Plans,” The 2013 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2013), Zurich, Switzerland, Sep. 2013. [doi] [poster]
  • Kyohei Ogawa, Yukari Hori, Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Tomohiro Tanikawa, and Michitaka Hirose: “Table Talk Enhancer: A Tabletop System for Enhancing and Balancing Mealtime Conversations using Utterance Rates,” 4th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA’12), Nara, Japan, Oct. 2012. [doi]
  • Toshiki Takeuchi, Totaro Nakashima, Kunihiro Nishimura, Michitaka Hirose: “PRIMA: Parallel Reality-based Interactive Motion Area,” SIGGRAPH ’11: ACM SIGGRAPH 2011 Posters, Aug. 2011. [doi] [poster]
  • Toshiki Takeuchi, Takuji Narumi, Kunihiro Nishimura, Tomohiro Tanikawa, Michitaka Hirose: “Forecast and Visualization of Future Expenditure with Logging and Analyzing of Receipts,” SIGGRAPH ’10: ACM SIGGRAPH 2010 Posters, Aug. 2010. [doi]

国内学会 / Domestic Conference

  • 泉田 晋佑,竹内 俊貴,谷川 智洋,鬼丸 寛之,鳴海 拓志,廣瀬 通孝:“自動車観光体験の向上のための記録映像の再構成に関する研究”,第21回日本バーチャルリアリティ学会大会,2016年9月.
  • [MVE賞] 三田 涼介,竹内 俊貴,谷川 智洋,鳴海 拓志,廣瀬 通孝:“タスク処理行動に関するライフログを用いたタスク成否予測の基礎的検討”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会 (MVE) 人工現実感および一般(VR学会,HI学会SIGDeMO,およびITE-HIと連催),2016年7月.
  • 野見山 真人,竹内 俊貴,鬼丸 寛之,谷川 智洋,鳴海 拓志,廣瀬 通孝:“自動車の空間移動履歴に基づく体験の流れを考慮した観光計画システム”,マルチメディア・仮想環境基礎研究会 (MVE) 人工現実感および一般(VR学会,HI学会SIGDeMO,およびITE-HIと連催),2016年7月.
  • 橋渡 里仁,竹内 俊貴,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“ライブ・コンサートにおける観客の盛り上がり度計測に関する基礎検討”,第20回日本バーチャルリアリティ学会大会,2015年9月.
  • 寺下 翔太,竹内 俊貴,谷川 智洋,鳴海 拓志,廣瀬 通孝:“未来予測を用いたタスク管理における予測提示手法の検討”,情報処理学会 第77回全国大会 講演論文集,pp.3-275-3-276,2015年3月.
  • 廣瀬 通孝,谷川 智洋,鳴海 拓志,竹内 俊貴:“サイバネティックシミュレーション: 社会システムを最適化するための行動誘発技術”,2014年度人工知能学会全国大会(第28回), 2014年5月. [web]
  • 竹内 俊貴,中里 直人,諏訪 恭平,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“高速道路における運転行動の未来予測提示によるドライバの行動誘発”,2014年度人工知能学会全国大会(第28回), 2014年5月. [web]
  • 諏訪 恭平,竹内 俊貴,中里 直人,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“サービスエリアにおける運転時間の未来予測・提示による行動誘発の基礎的検討”,情報処理学会 第76回全国大会 講演論文集,pp.4-715-4-716,2014年3月.
  • 藤井 達也,竹内 俊貴,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“ソーシャルメディアによる嗜好に応じた食習慣改善手法の検討”,第13回 香り・味と生体情報研究会,2014年3月.
  • 藤井 達也,竹内 俊貴,小川 恭平,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“食事への他者評価付加による食生活改善手法の基礎検討”,第18回日本バーチャルリアリティ学会大会 ,2013年9月.
  • 小川 恭平,堀 紫,竹内 俊貴,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“Table Talk Enhancer: 場の雰囲気を盛り上げるテーブル”,エンタテインメントコンピューティング2012,2012年9月.
  • 田村 洋人,小川 恭平,竹内 俊貴,鳴海 拓志,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“ライフログを用いた未来予測によるタスク進行管理手法の検討”,MVE 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVR,ITE-HIと連催),2012年6月.
  • 阿部 浩二,竹内 俊貴,廣瀬 通孝:“GPS測位情報に基づく地図変形を用いた行動履歴情報提示インタフェース”,第11回ウェアラブル/ユビキタスVR研究会 ,2011年12月.
  • 竹内 俊貴,中島 統太郎,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“複数の深度カメラとスマートフォンを用いた空間ライフログシステムの構築”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 ,2011年9月.
  • 中島 統太郎,竹内 俊貴,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“記録された三次元映像の実世界重畳による展示物の背景情報の伝達”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 ,2011年9月.
  • 吉田 成朗,竹内 俊貴,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“多人数による震災体験情報の時空間的可視化”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 ,2011年9月.
  • 中島 統太郎,竹内 俊貴,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“PRIMA:複数Kinectを用いた異時間インタラクションシステム”,CEDEC 2011 インタラクティブセッション ,2011年9月. [web] [poster]
  • 阿部 浩二,竹内 俊貴,廣瀬 通孝:“動画視聴時のインタフェース操作履歴を用いた動画分類およびユーザへの推薦手法”,第10回ウェアラブル/ユビキタスVR研究会 ,2011年6月.
  • 小川 恭平,竹内 俊貴,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“発話率のフィードバックによる食事コミュニケーション支援”,MVE 人工現実感(VR学会と共催,HI学会SIGVR,ITE-HIと連催),2011年6月. [cinii]
  • 竹内 俊貴,中島 統太郎、西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“PRIMA ~ 異なる時間軸上のユーザとのインタラクションを実現するシステム ~”,MVE エンタテインメントのためのメディアとリアリティ ,2011年5月. [cinii]
  • 竹内 俊貴,谷川 智洋,西村 邦裕,廣瀬 通孝:“Twitterにおける情報の広がりの可視化と分類”,第17回サイバーワールド(CW)研究会,2010年12月. [pdf]
  • 竹内 俊貴,谷川 智洋,西村 邦裕,廣瀬 通孝:“Webサービス “Twitter” における情報の関連性の可視化”,第15回日本バーチャルリアリティ学会大会,2010年9月.
  • 竹内 俊貴,鳴海 拓志,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“レシートログと消費行動に関する未来予測”,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.110,No.108,pp.99-104,2010年6月. [cinii]

展示 / Exhibition

  • 「食に関わるライフログ」プロジェクト,日本科学未来館 研究棟 オープンラボ「みらいの ふつうの つくりかた」,日本科学未来館,2013年12月14,15日.
  • “時をかけるシート”,デジタルレールウェイミュージアム,鉄道博物館,2011年11月16-21日,12月21-26日.
  • 東京大学/廣瀬・谷川研究室:”PRIMA: Parallel Reality-based Interactive Motion Area”,DIGITAL CONTENT EXPO,日本科学未来館,2011年10月20-22日.
  • 東京大学/廣瀬・谷川研究室:”PRIMA: Parallel Reality-based Interactive Motion Area”,CEATEC JAPAN 2011,幕張メッセ,2011年10月4-8日. [web]
  • 中島 統太郎,竹内 俊貴,西村 邦裕,谷川 智洋,廣瀬 通孝:“記録された三次元映像の実世界重畳による展示物の背景情報の伝達”,第16回日本バーチャルリアリティ学会大会 技術展示 ,2011年9月20-22日.
  • 竹内 俊貴:“Vital Atlas”,東京大学 制作展 エクストラ 2010,東京大学 本郷キャンパス,2010年6月10-15日.
  • 廣瀬 通孝,谷川 智洋,西村 邦裕,小野 将之,竹内 俊貴:“ライフログから食行動を見てみよう”,予感研究所3 アート+テクノロジー+エンタテインメント=?!,日本科学未来館,2010年5月1-5日.
  • “戦略的創造研究推進事業(CREST)「“食”に関わるライフログ共有技術基盤」”,情報処理学会創立50周年記念大会 デモ展示企画「今ドキッのIT@御殿下記念館2010」,東京大学御殿下記念館ジムナジアム,2010年3月9-11日. [web]

報道 / News

  • WIRED.jp: “リアルタイムで次の行動を導く「未来予測アプリ」:東大の研究チームが開発”, 2014年10月17日. [link]
  • チャンネルジャパン:“Recording Your Life”,2012年10月28日.
  • テレビ東京 [WBS] ワールドビジネスサテライト:“特集 “ライフログ”人生まるごと記録”,2012年9月24日.
  • 日本テレビ iCon:“10年先の未来が見える!?次世代デジタル技術に迫る”,2011年11月8日.
  • Tech Village:“3D映像を取り扱う業務用機器や研究成果の発表が続々 ―― デジタルコンテンツEXPO 2011”,2011年10月28日. [link]
  • 週アスPLUS:“世界初“球形飛行物体”や人間以上の拍手ロボ! 映像で見る『DC EXPO 2011』”,2011年10月22日. [link]
  • 日本経済新聞電子版:“現実に溶け込むバーチャル 日常変えるデジタル未来技術”,2011年10月21日. [link]
  • 4Gamer.net:“今年は3D立体視とKinectに注目。「DIGITAL CONTENT EXPO 2011」が10月22日まで開催中。国際3Dアワード2011では「FF13」が部門賞を受賞”,2011年10月21日. [link]
  • NHK総合 NHKニュース おはよう日本:“レシートログと消費予報”,2010年10月31日.
  • INTERNET Watch:“レシートログで、未来の消費行動を天気予報形式で予測”,2010年3月10日. [link]

講演 / Talk

  • Clojure夜会 (Evening Party): “2日ガチ開発合宿で作ったWebアプリケーション2選”, 株式会社リクルートテクノロジーズ, 2014年10月10日. [slide]
  • GLOCOM 研究ワークショップ:“インターフェイスの未来 ―マイクロソフト・キネクトを中心に―”,国際大学グローバル・ コミュニケーション ・センター, 2011年10月26日. [web]

その他 / Others

  • Toshiki Takeuchi, Hiroyuki Fudaba, Satoshi Kondo, Jun Imura (Team Xcoo-Alpha): "news.async," 8th place out of 56 teams, Clojure Cup 2014, Sep. 2014. [app]
  • Takashi Aoki, Toshiki Takeuchi, Yuki Ban, Satomi Sakata (Team Xcoo): "focus on coding," 6th place out of 42 teams, Clojure Cup 2013, Sep. 2013. [app]
  • @totakke:“あの人にPerfume踊ってもらった”,あの人の研究論文集,Vol.3,No.1,pp.11-12,2012年8月. [video]
  • @totakke:“Night/Light-bell II 〜夜光鈴を作ってみた〜”,あの人の研究論文集,Vol.2,No.2,pp.17-20, 2011年12月.
  • @totakke:“ヒトの死を可視化するインタフェース”,あの人の研究論文集,Vol.2,No.1,pp.??-??, 2010年12月.
  • @totakke:“Night/Light-bell 〜夜光鈴をリアルに〜”,あの人の研究論文集,Vol.1,No.1,pp.41-44, 2010年8月.